目录
此内容是否有帮助?

# 早期警告管理

# 一、警報管理の意義

プロジェクト管理者に重点データに対する警報監視能力、主な機能は以下

  1. 定期的にリアルタイムデータをポーリングし、重要な指標が基準を超えている場合は、最初の時間にメールやメールの警告、問題を発見し、応答時間を短縮し、製品の管理度を。
  2. 比率などの指標を編集する方法で警告を作成し、指標を作成する柔軟性を高めます。
  3. グループごとに警報を行い、同じ指標の異なるグループ項目に対して、異なる警報トリガー基準で警報を行う
  4. 予測値との比較に基づいて警報を行い、よりスマートで迅速な方法で異常データを洞察する。

# 二、警報管理の位置と適用役割

# 2.1機能位置

警告関連機能の場所は、次の2つの入り口で操作できます

  1. 【データ管理-アラート管理】

プロジェクト内の警報任務を総合的に管理できる。

  1. 【行動分析-イベント分析】

日常分析で関連指標を迅速に警告タスクを作成することができる。

# 2.2該当キャラクター

会社ハイパーチューブ
管理者
アナリスト
一般メンバー
アラート管理リストを表示




カスタム警告タスクの追加、編集、削除




他の人の警告タスクを編集、削除




権限の説明:

●キャラクター必須

▲キャラクターはデフォルトであり、なくてもよい

△キャラクターはデフォルトではなく、あります

○役は必ずなし

# 三、警報管理の操作方法

# 3.1早期警戒管理ページ

# 3.1.1早期警戒警戒任務

管理者以上のメンバーは「警告管理」ページの作成警告」で、タスクのポップアップ

# 3.1.2早期警戒警戒任務数制限

1つのプロジェクトで最大50個のタスクを構成できます。50タスクを超えると、保存できません。

# 3.1.3警報警報遅延配置

実際に警報を計算するときは、伝送遅延を考慮する。プロジェクト構成で設定可能なバッファリング期間

デフォルトは天級120分、時間級20分で、入力枠は1~999の整数

# 3.2早期警告設定ページ

# 3.2.1基本情報

アラート名

最大24文字まで入力可能で、名前の変更はできません

早期警告インジケータ

ある事件のある各分析角度を警報の監視対象として選択できる

数式の編集

数式の編集が必要なインジケーターを警告できます

グループ化項目

同じイベント指標を解決したが、異なるイベント/ユーザー属性でグループ化された警告のニーズシーン

# 3.2.2早期警戒ルール

計算サイクル

「時間単位」または「日単位」を選択でき、このオプションは警告ルールのトリガールール関連付けられ

早期警告期間

時間ごとに何時から何時まで、曜日ごとに選択する「警報時間帯」は「警報任務」

早期警告ルール

グループ化された値

パケット値を選択すると、そのパケット値に異なる警告トリガー条件

トリガールール

「比較方式」、「計算周期」、「誰と比較するか」に基づくトリガールールは以下の通り

誰よりも
比較方法
計算サイクル
誰と比べて(タイプ)
何よりも
固定値
ハイ/ロー
-
固定値
数値
前の日
ハイ/ロー
日ごとに
サイクル値
数値/パーセンテージ
先週の同じ瞬間
ハイ/ロー
日ごとに
サイクル値
数値/パーセンテージ
7日間の平均
ハイ/ロー
日ごとに
サイクル値
数値/パーセンテージ
1時間前
ハイ/ロー
時間単位で
サイクル値
数値/パーセンテージ
昨日と同じ時間
ハイ/ロー
時間単位で
サイクル値
数値/パーセンテージ
24時間平均
ハイ/ロー
時間単位で
サイクル値
数値/パーセンテージ
予測値
高い
時間単位/日単位
予測上限
-
予測値

時間単位/日単位
予測下限
-

予測値

具体的な業務指標の法則を把握する必要がない場合、予測値に基づいて警報をトリガーするかどうかを判断

  • 指標が「予測値上限」を「上回る」場合
  • 指標が「予測値下限」を「下回る」場合

予測モデルのアルゴリズムはHannan-Rissanenアルゴリズムを採用し、アルゴリズム論文はこの文書 (opens new window)

# 3.2.3通知方式

SMSとメールに追加するメンバーを個別に設定できます

# 3.3早期警戒警戒詳細ページ

# 3.3.1早期警戒警戒任務設定区

この部分は警告タスクの設定に代入され、デフォルトで展開可能で、編集できない

# 3.3.2展示展示上映エリア

時間選択ボックススタイル

時間選択ボックスはイベント分析と同じです

データ記録範囲

日ごとのタスクでは、1年近くのデータ(最大366ポイント)を記録し、選択時に1年近くのデータ

時間単位のタスクでは、1年近くのデータ(最大36624ポイント)を記録し、選択時に最大1か月のデータ(3124ポイント)を表示します。時間枠の選択が31日を超えた場合、選択枠の最後の31日の結果のみを表示する。

予測値の凡例

  • インジケータの実際の値y(図の濃紺の実線)
  • 予測曲線yhat(図中の水色の点線)
  • 予測区間yhat_upper-yhat_lower(図中の水色の領域)
  • 異常指標点表示(図中の赤いドット)

データのダウンロード

  1. 差分が負の場合は負の番号をつける
  2. 異なるルールは異なるグループの場合の警告に対応する
  3. 警報状況は「正常」または「異常」で表示される

# 3.3.3表表詳細ゾーン

  1. 時間:警告タスクの実行時間、表の時間逆順
  2. 警報ルール:左側の警報任務設定区のルール
  3. 警報状況:「正常」または「異常」「予測値サンプル数が少なすぎる」と提示すると、データ点が10未満で、予測値の計算が行われ